裏社会の資金獲得活動

ぷうばい

かつて「ぷうばい」という商売がありました(*1)。乗車券や入場券などを不当に多く買い、買えなかった人々に割増で売るのが「ぷうばい」でした(*1)。「ぷうばい」は漢字に直すと「符売」で、不当な転売ビジネスでした。 <引用・参考文献> *1 『親分 実録日…

不動産屋を通じてミカジメ料を徴集していたヤクザ組織

店舗型の違法ビジネス業者(ex裏カジノ、ボッタクリ店、裏ビデオ店)は、ヤクザ組織の影響下の不動産屋から店舗を借りることがありました(*1)。店子の違法ビジネス業者は不動産屋に相場より割高な権利金や家賃を払いました(*1)。相場より高くなっているのは…

常盆の勤務シフト

1975年時、松田組2次団体・溝口組の賭場(大阪市南扇町)は常盆でした(*1)。常盆とは、ほぼ毎日常設の場所で開催される賭場のことです(*2)。溝口組の賭場は、毎日開催できるだけの集客力を持っていたことが推測されます。溝口組の賭場において組員は「2日働…

輸入価格と末端価格の「倍率」

アヘン戦争(1840~1842年)以前の清国において、アヘン末端価格は輸入価格の5~10倍と推測されています(*1)。当時の清国にとってアヘンの広がりは社会問題でした。現代の日本においては覚醒剤使用が社会問題となっています。 日本の覚醒剤市場はヤクザ組織が…

博徒系組織と土建業

ヤクザ組織は昔から土建業界に関与してきました。ヤクザ組織が得意としたのが「人夫出し」つまり人材派遣業でした(*1)。人夫出しとは、日雇い労働者を徴集し、現場に送り出す業務でした(*1)。 ヤクザ組織は日雇い労働者の賃金から徴収することで、利益を得て…

博徒組織と興行

博徒組織と興行は歴史的に深く関わってきました。博徒組織は江戸時代の宿場町で組織的発展をしました(*1)。昔から博徒組織は見世物小屋や相撲興行から「ミカジメ料」を徴収しました(*1)。博徒組織は賭博という来客商売を営む性格上、土着的になり、自身の縄…

オチ

ノミ屋において「負けた客に対する払戻金」は、オチと呼ばれました(*1)。オチ(払戻金)は、一部のノミ屋で実施されていました(*1)。ノミ屋では投票券1枚100円でした(*1)。オチは1枚10円で、10枚(100円×10枚)買ったものの全て外れた客には100円帰ってきま…

常敷

賭場は「しき」とも呼ばれていました(*1)。「屋敷」から来ているとも言われています(*1)。常設賭場は「常敷」と呼ばれていました(*1)。 <引用・参考文献> *1 『親分 実録日本俠客伝①』(猪野健治、2000年、双葉文庫), p223

角力博打

明治時代(1868~1912年)、角力博打が流行りました(*1)。角力(かくりょく)とは相撲のことで、角力博打は文字通り、相撲の勝敗に賭ける博打でした(*1)。1897年頃、京都の中心部では、四ケ所の角力場において、毎月角力が開催されていました(*1)。四ケ所は、…

小金井一家と興行

博徒組織は興行の領域にも手を出していました。博徒組織には、普段から博打客を抱えていたことから、「集客力」がありました(*1)。興行を巡るトラブル収拾には、博徒組織の「暴力装置」の威光が働きました(*1)。興行は、博徒組織にとって活動しやすい領域で…

マネーロンダリングに利用されるフロント企業

ヤクザ組織の構成員により実質的に支配されている会社は「フロント企業」と呼ばれます(*1)。暴力団対策法が施行された1992年以降、警察当局が「フロント企業」という言葉を使いだしました(*2)。 ヤクザ組織がフロント企業を持つ目的の1つにマネーロンダリン…

ノミ屋の配当率

ノミ屋では公営ギャンブルを活用した賭博サービスが提供されます。ノミ屋の存在は違法です。またノミ屋を利用することも違法です(*1)。ノミ屋は公営ギャンブル開催者と同様、胴元の役割を果たします。ノミ屋は客から買い目と金額を電話で受け付け、当たった…

パチンコ店のミカジメ料

公営ギャンブル(競馬、競輪等)を除いて、日本では賭博ビジネスは法律上認められていません。しかし実質パチンコ店は賭博ビジネスを行ってきました。 パチンコ店は景品交換所を介して、勝った客に金を渡しています(*1)。パチンコ店で勝った客に金を渡すのは…

博徒組織の高寅一家

双愛会2次団体・高寅一家は千葉県銚子市を拠点に活動してきました(*1)。銚子市は千葉県北東部に位置し、太平洋に面する漁業の街です。双愛会2次団体・上金一家、寺島一家も銚子市を拠点に活動してきました(*1)。 高寅一家の創設者は高橋寅松でした(*2)。高橋…

麻雀荘

ヤクザ組織によるミカジメ料徴収の対象として、麻雀荘があります(*1)。知られているように、麻雀荘において客同士による賭け麻雀が行われています。法に照らせば、賭け麻雀をした客に賭博罪、店に賭博場開張等図利罪が適用されます。しかし警察組織は検挙せ…

トイチ

闇金融で用いられる「トイチ」は、「10日で1割の利子」という意味です(*1)。利用者は10万円借りたら、10日後「11万円」で返済します。闇金融の利用者で元金を返せる人は恐らく稀で、1割の利子を返し続けることになります。1年間の利子返済額は約36万円([36…

賭場の関連ビジネス

博徒組織が開帳していた賭場で、提供されていたのは博打だけではありませんでした。飲食も振舞われていました。常設的な場所で定期的な日に開帳されていた賭場は、常盆と呼ばれました(*1)。博徒組織の賭場が栄えた1964年以前の常盆(*2)では、業者が賭場に出…

ヤクザ組織と港湾労働

ヤクザ組織と港湾労働の関係は歴史的に深かったです。日本の港が近代化されてから1960年代まで、港湾現場においてヤクザ組織が労働力供給の役割を果たしてきました。船内荷役などの港湾労働の業務量は常に一定ではなく、時期や天候によって変動しました(*1)…

ヤクザ組織による債権回収

民間企業は債権回収の場面によっては、ヤクザ組織を利用しました。金を貸したにも関わらず、借りた相手が返そうとしない場面です(*1)。合法的手続きによれば、司法で決着をつけます(*1)。裁判開始まで早くて1年はかかりました(*1)。決着がつくまでは、早くて…

東興業の違法賭博ビジネス

ヤクザ組織のトップをつとめた後、映画俳優として活動するという稀有な経歴を持つのが安藤昇(1926~2015年)です(*1)。後に俳優活動はやめるものの、作家や映画プロデューサーとして表社会に関与し続けた人物です(*1)。安藤昇は1952年「東興業」という株式会…

絵画取引による裏金作り

裏金作りの方法として、絵画取引があります。絵画取引は、1500万円程度の絵画が2000万円で取引されても、問題視されません(*1)。絵画の価格は、実用的な面ではなく、「見る人の評価」によって決められます。取引毎に、価格の振り幅は大きくなります。 1985~…

B勘屋

昔、企業の脱税策の1つとして、B勘屋の利用がありました。B勘屋とは、数億円単位の偽領収証を発行する会社のことです(*1)。企業にかかる税金は、売上ではなく利益を対象とします。企業側としては、利益を「少なく」見せることが重要となってきます。支払い(…

ノミ屋は今やヤクザビジネスの不況業種

ヤクザ組織が手掛けるビジネスにおいても、流行り廃りがあります。廃りの代表例がノミ屋です。公営ギャンブルを主催する団体に代わり、公営ギャンブルの「胴元」になるのがノミ屋です。現在日本の公営ギャンブルは競馬、競輪、競艇、オートレースの4種目です…

裏DVD市場

違法DVDいわゆる「裏DVD」の価格が低下傾向にあります。裏DVDとは、性行為場面を撮った成人向け映像(以下、AV=アダルトビデオ)に、「違法要素」が入っているDVDのことです。一般的には無修正映像作品のことをさします。合法領域内にあるAV(つまりツタヤ…

ヤクザ組織と闇金業者の親和性の高さ

違法領域の金貸し業(闇金業者)は、性格上、法律で拘束される担保を債務者からとることができません。土地建物の抵当権、保証人や連帯保証人を債務者に要求することができないのです。存在自体が違法である闇金業者は法律を「味方」にしません。もっとも闇…

バッタ屋

メーカーは通常、製造した商品を問屋もしくは小売に供給します。しかしメーカーの新製品販売時になると、メーカーの旧製品における問屋や小売からの需要は減っていきます。旧製品は在庫となり、メーカーに倉庫代がかかってきます。在庫となった旧製品はメー…

ヤクザ組織の資金獲得活動である密漁

ヤクザ組織の資金獲得活動の1つに密漁があります。特に、北海道のヤクザ組織にとって密漁は主要な資金獲得活動となっています(*1)。背景には、北海道経済に力がないため、都市部の裏社会利権の規模が小さいことがあります(*1)。北海道における密漁の典型がカ…

手本引の人的要素

博徒組織が催していた賭博ゲームの1つに、手本引があります。手本引は主に関西で行われていた賭博ゲームです(*1)。「一」「二」「三」「四」「五」「六」の6枚の札が用いられます(*1)。胴師(親)は半纏をはおり、半纏の中で6枚から1枚を選びます(*1)。6枚札…

手本引の張り方

関西の博徒組織の賭場で用いられたゲームとして、主に手本引がありました(*1)。一~六の札から胴師が引く札を当てるゲームです(*1)。胴師と客はともに6枚の札を持つ訳ですが、サイズが違いました。胴師は「豆札」という手のひらの中で扱える小さい札、客は「…

約5カ月後に明らかになった6億円相当の金塊窃盗事件

今年7月福岡県JR博多駅付近で6億円相当の金塊窃盗事件が起きていたことが、12月14日、地元紙西日本新聞の報道で明らかになりました(*1)。事件当日、被害者らは前日に購入した金塊(約160キロ)を転売するために、博多駅付近の貴金属店に車で向かっていました…